充実した環境で理想に向かって

「生命の尊厳」「個人の尊重」を教育の基盤とし、多様化する社会のニーズに応える看護職としての資質の向上と、地域医療に貢献できる人材の教育をめざします。

資格取得までの道のり

伝統に築かれた充実したキャンパスで学びながら現場を知る。一貫した教育システムで免許取得まであなたを応援します。

○ 現場を重視し、実践能力の向上をめざします。
○ 学習面や実習はもちろん、メンタル面など細かなサポートを行っています。
○ 研修やグループワークにより、多様な価値観にふれあうことで人間性を高めていきます。
○ 豊富な実習病院との連携で、あなたの将来への選択肢がひろがります。
○ 伝統と歴史ある教育機関が礎となっており、先輩たちとの交流も大きな支えとなります。

沿革

准看護学科の沿革

大正15年 4月

川越産婆看護婦学校設立

昭和28年 3月

新制度に移行のため川越准看護婦学院として開校

昭和42年 6月

新校舎落成(鉄筋コンクリート造3階建)

平成14年 4月

新制度に移行のため校名を変更。
川越准看護学院とする

平成 24年 4月

川越市医師会 川越看護専門学校として新校舎(川越市小仙波町2丁目)で開校

看護学科の沿革

昭和48年 4月

川越市医師会高等看護学院開校
(川越市西小仙波1丁目)

昭和49年 1月

新校舎落成。新校舎にて授業開始

平成元年 3月

新校舎竣工(川越市小仙波町2丁目)

平成12年 4月

川越市医師会看護専門学校に名称変更

平成 24年 4月

川越市医師会 川越看護専門学校として新校舎(川越市小仙波町2丁目)で開校

令和2年3月卒業生数

准看護学科

(第66期生)5,071名

看護学科

(第45期生)1,944名

アクセス

●東武東上線/川越駅、西武新宿線/本川越駅より
西武バス=グリーンパーク行き
「仙波下」降車、徒歩7分

●東武東上線/川越駅より
東武バスウエスト=平方行き他3路線
「松江町二丁目」降車、徒歩17分
東武バスウエスト=神明町車庫行き
「一番街」降車、徒歩19分

●市内循環バス「川越シャトル」
30・31・32系統
「総合福祉センター」降車徒歩すぐ

アクセスマップ