教育方針 働きながら生命を守り見つめるチカラを創る

教育理念

「生命の尊厳」「個人の尊重」を教育の基盤とし、多様化する社会のニーズに応える看護職としての資質の向上と、地域医療に貢献できる人材の教育をめざします。

▲ Page Top

教育目的

豊かな人間性を養い、看護に必要な知識・技術および態度の習得を行い、社会に貢献し得る有能な看護職を育成します。

▲ Page Top

教育目標

  1. 生命を尊び、人としての権利を尊重して行動できる豊かな人間性を養う。
  2. 看護の対象である人間の生活と健康を身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解できる能力を養う。
  3. 人々の健康上の課題に対応するため、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
  4. 健康や障害の状態に応じた看護を実践するための基礎的能力を養う。
  5. 保健・医療・福祉制度を総合的に理解し、他の職種と協働するなかで、看護をマネージメントできる基礎的能力を養う。
  6. 専門職業人としての倫理観に基づいた行動ができる能力を養う。
  7. 看護の向上をめざす探究心をもち、生涯学習する態度を養う。

▲ Page Top